リケジョ主婦、地方都市に移住したってよ

理系出身、ほぼ専業主婦。東京から地方都市に移住し、文化の違いに驚きながらも、家事も育児もゆるく楽しんでいます。

『知ってることが少ないと、どうしても変化を怖れるんです。』

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

「まずは、やってみよっと♪」の、みよっとです。

 

ほぼ日刊イトイ新聞 - 昨日の「今日のダーリン」

 

糸井さんのコラム、最後の一文にとても納得しました。

 

『知ってることが少ないと、どうしても変化を怖れるんです。 』

 

確かに。

 

「曇り空とチューリップ」のフリー写真素材

 

私の中での最近の大きな変化

 

 

  • 初めて関西を出る時

頭の中は東京砂漠(笑)

実際は全然そんなことありませんでした。東京も関西も住んでいるのは同じ人間。

しかも、海外でもないし、新幹線や飛行機やメールやラインがあるので、結局そこまで距離も感じません。

東京にすごいイメージを持っていたものの、いい意味で東京も地方も一緒だと実感しました。

 

 

  • 初めて娘が転園する時

せっかく幼稚園入ったばかりなのに、引越しすることになりました。

私も引越しに対して後ろ向きな気持ちだったので、娘に伝染してしまって(^_^;)

親子ともに後ろ向きでした。ごめんよ、娘。

なれるまでは時間もかかりましたが、今ではとってもとっても楽しく通っています!

これからまた引越しが控えていますが、「多分、また楽しいだろう♪」と親子で楽観的です(^-^)

 

 

 

f:id:yattemiyotto:20180525041539p:plain

以下が、私が変化を怖れてしまっていること。

  • 車に乗る
  • 育児と仕事の両立
  • 家のものを思い切って捨ててみる
  • いなか暮らし

全部未経験。

どうしてもできない理由や、怖い理由ばかり探してしまっていますが、

すべて『自分でできないと決めつけてしまっていること』ですよね。

 

引越しはとくに大きな外的変化で、変化せざるを得ない状況に持っていかれます。

ストレスはかかりますが、得られるものも大きかったです。

 

知識・経験ともに増やしていったら

もっともっとできることが広がって、更に楽しくなるんだろうなぁ♪

なんて、真面目に考えた夜更けでした。