リケジョ主婦、地方都市に移住したってよ

理系出身、ほぼ専業主婦。東京から地方都市に移住し、文化の違いに驚きながらも、家事も育児もゆるく楽しんでいます。

在宅ワークでどこまで稼げるかやってみた話

ご覧頂き、ありがとうございます。

やってみよっとのmiyottoです☆


f:id:yattemiyotto:20181013011718j:image

 

退職して6年。出産して5年。

2人目を出産してもう3年。

 

1人目の出産後、0歳児の時期は

毎日何が何だかわからなく。

忙しいのやら暇なのやら。

とりあえず、お昼寝中はちょっと時間があった記憶があります。

でも夜は眠い(笑)

 

そんな中ちょこちょこ始めたのが、

・アンケートモニター

・雑誌とかへの体験談投稿

 

少しですが図書カードやAmazonギフト券などがもらえ

とっても嬉しかったのを覚えています。

もちろん、今も嬉しいです(笑)

 

 

上の子が幼稚園に通い始め、

下の子も幼児にさしかかり、

少しずつ時間ができてきた時に始めたのが

・在宅ライター

 

最初は時給換算すると300円!?みたいな時期もあったり、

業者によってはテスト記事だけ書いたのに返信がなかったり、

←私の見る目もなかった(^_^;)

校了までに何度も差し戻しが続いてしまったり

←ひとえに私の力不足♡

本当に育てていただきました(>_<)

初心者な私、面識のない私にありがたい!!

 

2年くらい休み休み、ライターとも呼べないほどですが、

文章を書くことを始めました。

 

そして、ご縁があって今安心できる業者さんで

ライターをさせていただいています。

 

夫の転職があり、給料が半減した我が家。

少しでも家計の足しになればと思ったのと、

やっぱり文章が書くのが好きなので、

件数を増やしてもらいました。

 

ありがたいことに、ちょこちょこお仕事を頂き、

月3万円→月5万円→月7万円!?

と、結構な金額をいただくようになりました。

 

ここで!!

ちょっと問題が!!

 

・家に幼児がいる状態なので、日中は1時間できるかどうか

・夜子供が寝てからの作業なので、睡眠時間が削られる

→もともと寝過ぎなんです

・何かずっと気ぜわしい

 

それでもやっぱり今の私にはピッタリなお仕事で

・通勤時間とか、子供の風邪とか気にしなくていい

・子供の生活リズムは変わらない

・やっぱり文章を書くのが好き

・調べて書くので知識が増える

 

などメリットがたくさんなんです。

 

そこで、問題解決として

・下の子の一時保育を利用

・自分の中で作業時間を決める

・家事をもっと簡潔にする

→「生活クラブ」で買い物時間短縮

 

をしてみています。

 

外でのお仕事とは違い、

自分でスケジュールを組み立てられる利点がありますが、

自分で自分の首を絞めてしまうという欠点にもなってしまうことがよ~く分かりました!

そしてお仕事を増やしすぎてしまうと、このブログみたいに書きたい文章を書く時間が減ってしまう(^_^;)

本を読む時間も減ってしまう!

映画を見る時間も、映画を見る時間も!

→子供との時間はあまり変わっていません☆

在宅ワーカーの自分、母の自分、自分のための自分を大事にしようと思います!!

 

今の生活リズムと私の力量では月6万円くらい頂ければありがたいです☆

もう少し、工夫を続けていきます。

誰が興味あんねん状態ですが、在宅ワークに関してちょこちょこご報告させていただきます。